FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成30年7月 豪雨災害 小力家その後

その後です。
今日は文字だけです。

もう1週間たったんですね。
小力家は、生活に影響するような被害はありませんでしたが、
同じ部落の上の方のおうちでは、山から流れ出る水が大量で
大きな石が流れててきたり、トイレ(汲み取り)にも水が入り
あふれそうになったりしたそうです。

町内のほかの場所では山と山の谷になっているところから
土石流のようなものがあった場所や、浸水した家、
畑や田んぼに水が入ってしまったところがありました。

我が家は金曜日ばぁばのところに避難しましたが、
小学校体育館は100人ほど避難されていたようです。

土曜日には街へ出る道路が通行止めになっていたりしましたが
日曜日には通行止めも解除になってきていましたが、
それでも山からまだ水が出ていたので、買い物はちょっと怖くて
行けませんでした。

そして月曜日からjは仕事にも行きましたが、その道中、結構な山が崩れていたり、
旭川にかかっている橋のところは崩落していたりするところがありました。
そこは上流に湯原ダムがあるので、その放流もあり、水位が上がったのかもしれません。
勝山文化センターの駐車場のある場所も、水が入ったようで、コンクリートの遊歩道が
周りの土がなくなり、浮いているように見えました。

川も、いままで川の中にあ生えていた樹が、抜けて流されていたり、
木の生えていたところの土が水でえぐられて無くなっていたり…。
川の様子も変わってしまっていました。


いつも週末買い物に行っていたのがいけなかったので、
火曜日に仕事が終わって、午後から買い物に出かけたときも、
汽車の線路には3か所ほど土砂崩れがあり、線路が埋まっていました。
※山間部なので、線路は山側を走っています。
真庭市の南の方では、冠水したところも多くあったそうです。

小力家はとりあえず、日常生活を「普通」におくれています。

でも仕事場の方の息子さんも岡山市内で家が浸水して、真庭市に帰ってきていたり、
弟さんが仕事で広島に行っていて、車が浸水したり、
取引先の方の親せきの家が浸水したり、ズミエールの会社関係の人も、
弟さんの家が浸水したそうです。
我が家は大丈夫でしたが、身近な人の家族や親族などが被災しているので
「TVの中のこと」ではない感じです。

被災された方のことを思うと、本当に、言葉がありません。
大丈夫ですかとか、頑張りましょうとか色々かける言葉はありますが、
今はまだどんな言葉も、空回りする気がします。
皆さんが少しでも、1日でも早く元の生活に戻れることを
祈るばかりです。

| 岡山生活 | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koriki0809.blog67.fc2.com/tb.php/944-4015b98a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT