PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「犬がいる」ということ

「家の中に犬がいる」ということが、
実は「ふつう」ではなかったんだと
改めて感じた出来事がありました。

ベベリーナのチャイルドシートが新生児から
乗れるものだったので、結構がっちりしていて
安定感はあるんですが、夏場は周りをぐるりと
囲まれていて、いつも汗だくになってしまうので、
ジュニアシート(っていうの?)に替えたので、
今まで使っていたチャイルドシートをリサイクルショップに
買い取ってもらうことにしたんです。

で、品番やら写真やらをメールして見積もりをしてもらい
5~6000円で、という所にお願いしました。

で、発送する前に、コリ毛とかきれいにコロコロでとって、
ファブリまくって、送りました。

P1400824.jpg


数日後、そのショップから、

何かペットを飼われていますか?

とのメールが。

で、あ~やっぱり気をつけてきれいにしたけど、
まだコリ毛ついてたんだな~と思って、

犬がいる旨メールしました。

また数日後メールがあり、

動物を飼われていた場合、転売の際に
クリーニングをしなければいけないので、
買い取り額が4000になります。

と。

そこで、はじめて、気づいたんです。

あっ、ふつうは犬がいないので、クリーニングもしなくていいし、
臭いや毛も付いてないんだと。
犬がいる事は、特別な事なのか!と。

悪気があって、見積もりの際に犬がいるということを
隠したわけではなったのですが、どうも隠していたように
とられかねないので、一応減額についてのお返事出す際に
犬がいることを見積もり時にお知らせするべきでした…と
お返事した次第です。

P1400827.jpg


あまりにも、「犬がいる」ということが自分にとっては
当たり前のことだったので、何か動物がいますか?
という質問衝撃を受けたのでありました(笑)

ということで、我が家の古着もリサイクルショップに
持っていこうと思ってたけど、処分することにしました(涙)

| キャメリーナ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koriki0809.blog67.fc2.com/tb.php/783-75e21621

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT