PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

飼い主の気持ち

セッションの日のコメントで
セラピストのくりやまさんから
「ブログでも詳しく書いていただいて構いませんよ。
 悩んでいる飼い主さんが少しでも楽になれば
 私達もうれしいです」
と頂いたので、とりあえず、直ぐにできて
効果も直ぐに分かった事を書きます。

それは、飼い主の気持ちです。

上手く書けるかどうか分かりませんが、
飼い主の気持ちが、犬達の体調に
直接かかわっているという事です。

小力の鼻の下のカイカイがとてもいい例で、
分かりやすいので、例題として書きます。

まず、鼻の下が赤いな~と気になっていた時。
病院へも行ったし、家でも良くジーッと
診てました、鼻の下を。よく観察しておきたくて。
しかも診るときは、コリさんを呼んで、
手でマズルを持って、上に向けて、
ジーーーーーーーーーッと見てました。

しかし、これがいけなかったんです!!おくサマ。

小力的には別に、なんでもなかったのに、
毎日毎日、朝昼晩と飼い主にチェックされると、
「もしかして、俺そこが悪いのか?」って
思って、そこが悪くなっちゃうんです。

↓こうやってみてたんです。

201107272005100.jpg

で、今回これってもしかして腰痛から来るもの?!
と思って、それから(ってまだ数日ですが)
わざわざ鼻の下を見てないんです。
だってアレルギーじゃないから。
そして、メールのやり取りで、腰か!とわかってから
今度は意識が鼻の下から腰を良くする方にシフトしました。

そしたら、鼻の下はビックリするくらい
薄いピンクになりました。

20110916084608.jpg

今朝の写真。
全然でしょ。

しかしですよ、しかし、この腰を良くする!という
飼い主の気持ち。
これも強く思い過ぎるとイカンのです。

メールのやり取りで、まず散歩前と散歩後に
背中~腰~足の先までをさすってあげてください。
と言われ、これまたよくしたい気持ちが先走り
やらなくては!!と意気込み、していたので、
コリさんは嫌がって、逃げて行きました。
なので、時飼い主はしたいのに思うようにできないので
なかば強制的にしてしまいましたが、それもNGです。

飼い主の気持ちが強過ぎると、
普段と違う感じや雰囲気を感じ取るんでしょうね。
なので、こういうときも、飼い主はリラックスし、
テレビを見ながらとか、他の事を考えながら位の気持ちでする。
そして、「嫌がっているから逃げる」と思うよりは
いつもと違う感覚に「戸惑っている」と、お考える。
ネガティブな考え方は犬達にも影響しるのだそうです。

わかってはいるけど、ついつい「良くしてあげたい」
と言う気持ちが先走り、強制的になっちゃう。
でも犬達は飼い主の言う事なので、聞いちゃう。
これが負担になってしまっては意味ないですからね。

なので、あまり悪いところを気にし過ぎてもいけない。
良くしてあげようと思い過ぎてもいけない。

鼻歌でも歌いながら、楽しくラクチンに毎日を過ごす事。
出来そうで出来ない、普通の事。
でもこれが犬達にとっては、大事なことなんですねぇ。

なので、今は強制的な気持ちではなく、
ラク~な気持ちで接するようにしています。

そして、コリさんのトボ吉ですが、まだだま
トボ吉なんですが、トボ吉なりにスピードが
かわりました。
前ほど時間かからなくなってきましたよ。
トボ吉の時はまだ左足が突っ張ってる感じはありますが、
でもちゃんとまげて歩けてる時もあります。
その時は、今まで通りのスピードです♪

長い時間をかけて腰痛になっていったので、
直ぐには治りませんが、ゆっくり時間をかけて
治していきたいと思います。

そら~あんだけのスポーツマンなのに、
ちゃんとケアしてない方がいけなかったんですからね。
ボルト並みに走るのにね~(笑)


| 飼い主の勉強 | 21:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

出来そうで出来ない・・・

全くおっしゃるとおりですv-352

愛犬の健康に異常があれば、早く何とかしてあげたい。
つい一生懸命になってしまう飼い主の気持ち。
よぉ~~~くわかります。
でも、それが犬に悪影響を与えてしまってはねぇv-388

犬種の気質という事もありますが、レイスは性格的にかなり神経質で、些細な事にも影響を受けてしまいます。
なので、今回の記事的な事は、結構早い時期から気付かされました(飼い主が)。

体を確かめようと思い、「チョットおいで~」なんて呼んでも、雰囲気を察知して絶対近づいてきません。
ムリヤリ捕まえて・・・、という方法も以前はやっていましたが、今回書かれているとおりの事を感じ、
いつの間にかやらなくなりました。
家でゴロゴロしている時に、さりげなく触診したり、普段の歩いたり走ったりする姿、何気ない仕草から異常を見抜いてやらなければならないので、日々勉強の飼い主です。

マッサージも、何となく体をスリ寄せてきた時などに、徐々に体をさすり始め、
「マッサ~ジィ~♪ マッサ~ジィ~♪」と自作のオリジナルソングを歌いながら、
マッサージへと移行していきます。
(近々CDデビューも考えたりして・・・v-391
「よし! マッサージしよう!」といきなり体に触れても、ピョ~ンと逃げてしまいます。

まぁ、犬から警戒される飼い主ってのも、どうかと思うんですが・・・v-389

人間の言葉を話さないとはいえ、何らかのサインは発しているのだから、
どれだけ早く気付いてやれるかどうかは、飼い主が勉強するしかありませんよねぇ
それも、決してピリピリせず、大らかな気持ちと態度で犬と接しながらv-398

それはそうと・・・

コリさんの鼻の下、激変ですねぇ!
スゴイもんだぁv-218

それから・・・

ボルトは走っても100mから200mv-30
コリさんはもっとダッシュしています。
しかも、ジャンピングもしながら。
丁寧なケアは必須ですv-218

長々とスイマセンでしたm(_ _)m

| 炎のファイター | 2011/09/17 16:23 | URL |

こんにちは!

らくいぬ生活のセラピストの栗山です。
ブログでご紹介いただき有難うございます。

趣味は「小力さん」って、素敵!
小力さんの状態いい感じですね。
腰もぼちぼちやっていきましょう。

出来そうで出来ない、普通の事。

特別なことでなく
どんな飼い主さんでもできることなのに
やらない人が多過ぎると思います。

心配することが愛情だと思い込んでいる
そんな飼い主さんの気持ちを
少しでも楽になるように
補完療法アドバイザーもぼちぼち
やっていきましょう!

| くりやま | 2011/09/19 02:24 | URL | ≫ EDIT

分かってるのにねぇ

■炎のファイターさま
犬種によっても多分神経質とかってあると思いますよぉ。
しかもレイス嬢の場合、そんなにたくさんいる犬種ではないので、
情報交換とかも、難しいでしょうねぇ。

ほんと、分かってるはずなのに、自分の犬のこととなると、
ついつい一生懸命になってしまいますよねぇ。

犬は話せないけど、絶対何かしらのサインを出しているので、
それをちゃんとわかって(見つけて)あげれるように
日々精進したいですねぇ。
一生懸命になり過ぎずにね。

ところで、CDデビューはいつですか~?(笑)
是非購入いたします!!!

| キャメリーナ | 2011/09/19 19:45 | URL | ≫ EDIT

ぼちぼち♪

■くりやまさま
はい、趣味は小力です(笑)
でも小力的には腰が痛かったり、アレルギーで
カイカイが出たり、食べたいものを何でも
食べれなかったりと、何かとありますが、
でもそのおかげで飼い主は今まで知らなかった
色んな事に興味を持って勉強するようになったので、
ある意味感謝です。
なので、その感謝を小力が健康になる事で
おかえし出来たらいいな~と思います。

ほんと、何事も「ぼちぼち」位の気持ちが
大事なのかな~と。

「心配する事が愛情」
確かに自分にもそういうところがあったのかなと思います。
こんなに心配しているっていう自己満足とうか…。
でもそれが逆に小力の負担になっていたのかも(汗)

飼い主としての自分も、小力も、そして私のような
他の飼い主さんの役に立てるように、ぼちぼちと
補完療法アドバイザーもやっていけたらと思います♪

| キャメリーナ | 2011/09/19 19:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koriki0809.blog67.fc2.com/tb.php/551-966c55f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT