PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もう限界?!

行ってきました病院。
やっぱり、またマイボーム腺が詰まってました。
前回同様絞ってもらったら、コールタールのようなものが
今回も出ました。


今日の話は長くなるので、
興味のある方はmoreからどうぞ。


20110210201551.jpg


まず、マイボーム腺の処置ですが、
今後も続くようなら、絞って出すには、限界があると。
前回もそうでしたが、かなり強く絞るので、
出血もします。

小力も震度8位で震えるし、尻尾は完全にINだし
帰ろうとするし、小力のためとはいえ、さすがに
ちょっと可哀想…。
今回はさすがに待合室でゴロゴロもなしでした。

で、なんでなるのか?ですが、
マイボーム腺がもともと細いとか、
油分が上手く体の中で処理が出来ていないとか
またはもともと体質的に脂っぽいとか…。
いくつか理由があるようです。

まず、体質的に脂っぽいは当てはまらないので、違います。

マイボーム腺がもともと細い。
これは当てはまると思います。
今までも何回か目のふちに、ほんとに小さい
ポチッとしたものが出来た事が過去に何回かあります。
そのちさなポチは数日~1週間くらいで自然と
なくなる事がほとんどでしたが、それもマイボーム腺炎。
なので、もともとなりやすいという事は、細いのでは?と
思われます。

そして、油分が体の中で上手く処理できていない。
これも当てはまりますね、肝臓が悪いので。
で、今のフードはアレルギー用のフードの比べ
フード自体が結構油分が多いです。
で、その上に最近ヘンプオイルもとっていたので、
肝臓の処理能力以上の油分を摂取していたことになるのだと思います。
肝臓の数値は良くなったし、カイカイもほとんど出なくなったけど、
他で悪いところが出るのであれば、これは考えないといけません。

なるべく肝臓にも負担をかけないようにと魚油ではなく、
植物性のものを選んだのですが、結果的に他で悪いところがあれば
これは続けるべきではないので、ヘンプオイルについては一度止めてみて、
今後1カ月で再発するのかどうか?様子を見たいと思います。

あと、油分を必要以上に採らないようにして、でも肝臓に良い食べ物となると
ネットで調べたら、だいたい「納豆、大豆」とかでてきますが、
これは小力はアレルギーが出るので食べれません。
なので、たとえば、馬肉(生)を今のフードを半分にして
基本の食事を替えていくか。
ただタンパク質のとりすぎは、余分なタンパク質をエネルギーに
変える段階で生じるアンモニアが問題になります。
アンモニアの解毒は肝臓で行われるのです。
偏ったタンパク質の取り方をしてしまうと、とりすぎ同様、
アンモニア生成のきっかけになってしまうらしい。


で、なぜここまで考えるかと言うと…
最初にも書いたとおり、絞るという処置には
限界があるからです!
で、限界になったら、どうなるのか?

切除手術 です。

今朝、病院で処置をしてもらいましたが、
今、すでにこんな状態です。

20110210191858.jpg

昨日のような黒い物ではないし、
大きさも小さいですが、ぷくっと膨らんでします。
かなりきつく絞ったので、血がたまっているのかもしれませんが。

ここを切除する手術になるんです!!!

こんな風に。


マイボーム腺種 手術

怖い絵ですが、クリックで大きくなります。


で、もし、また同じところが詰まって、切除手術になった場合
麻酔しないといけない。これはやっぱりしたくないし、
もしも油分の処理が上手くいっていないのであれば、
今のままの食事であれば、また他のところが詰まるかもしれない。

などなど、色々と考えたり、変えていかないといけない事が
出てきてしまいました。

ただ、コリ山さん自体は、全然元気なのでご安心を。

飼い主的には、このまま他の病気にならず、
今のままでいいので、長生きしてくれればと思うので、
飼い主が出来る事を探して、コリ山さんが元気で
楽しく生活できるようにしていきたいな~と思います。


| 小力病院 | 21:17 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そっかぁ・・(汗)

う~ん・・困ったね・・(汗)
まぁ、様子みるしかないもんねぇ・・。
コリさんもたいへんだろうけど、キャメリーナ、頑張ってぇ~!!!

| サラ母 | 2011/02/10 22:01 | URL |

No title

こんな場所を絞られるなんて、想像しただけで痛そう・・・v-399
でも、麻酔しての手術となると大ごとですしねぇ・・・
何とか食事での体質改善が出来ればベストなんですがねぇv-218
でも、食事を改善する事の効果は絶大なので、良い方向に向かう事を願っています。
ファイト~v-81

| 炎のファイター | 2011/02/11 09:14 | URL |

No title

キャメさん、コリさんお疲れ様です。
コリさんのマイボームは体質的なものだったのね。
麻酔は避けたいところだよね~。
食事改善の結果が良い方向に向かうといいね!

| yamame | 2011/02/11 14:04 | URL |

No title

コリさん、大変だねぇ。。。
体質でそういう病気を持ってしまうなんて。
麻酔手術は避けたい所だと思うので、
食事で良い方向にいくといいですね♪

| maruko | 2011/02/11 19:41 | URL | ≫ EDIT

なんだかねぇ。

■サラ母さま
ご心配おかけしまして…。でも、げんきなのよぉ~!!
ほんま、ハッキリとした原因がわからへんだけに、
様子を見るしかできへんから、思い当たるところから
少しずつ攻めるしかないからねぇ。
普段の事は先生よりも飼い主の方が分かってる訳やし。
いろいろ調べつつ、先生に相談しつつ解決策を探したいと思いまーす!

| キャメリーナ | 2011/02/11 22:25 | URL | ≫ EDIT

ご心配おかけしております…

■炎のファイターさま
あ、この時間からすると、やっぱりさすがに今日は
ドッグランお休みだったのですね(笑)

コリさん、なんだか、ややこしい体質で(汗)
だめな食べ物があるので、なかなか難しいですが、
馬だけは今のところ大丈夫なので、生の馬肉を
ちょっと試してみようかな~と。
やっぱ、肝臓が悪いので、麻酔は避けたいですからねぇ。
今まで誤飲でも2回麻酔したりしてるし。

食事を替えるのって持病があるだけに、勇気がいりますが、
皮膚にも肝臓にもとなると、なかなか療法食では
無いですからねぇ。
なんとか、頑張ってみたいと思います!!

| キャメリーナ | 2011/02/11 22:32 | URL | ≫ EDIT

特異体質!!

■yamameさま
コリさん持病が2つもあるだけにかなり特異体質かと。
過保護すぎてなったのかな~なんて、ちょっと思ったり(笑)

万が一瞼を切る手術しても、体質的にだったら今後もなる可能性は
0%では無いので、ならないようにするしかないでしょ~、やっぱり。
素人ながら、いろいろ研究しつつ頑張りたいと思いまっす!

| キャメリーナ | 2011/02/11 22:36 | URL | ≫ EDIT

母は一体・・・

■marukoさま
父が同じなのに、小力だけこんなに色々あるって、
母は一体どんなだったんでしょ??って思っちゃうね。
麻酔はやっぱり、これ以上はしたくないのでねぇ。
なんとか食事から良くできる方法があればなぁ~と。
ほかに必要であれば、サプリとかハーブとかね。
今はネットと言う便利なものがあるので、色々研究したいと思いますよ!

| キャメリーナ | 2011/02/11 22:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koriki0809.blog67.fc2.com/tb.php/464-37f50400

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT